読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっきまうすの長めのつぶやき

This is what I am. This is what you are.

指導してくれる上司がいること。幸せな日々。

内省

転職する前は、新卒で入社した会社だったのもあり、上司がしこたまいい人だったと言うこともあり、いろんな面で指導された。褒めるが0.5割残りは変えた方がいいところの指摘だ。当たり前だけれど。こんなのフォーマットない方がおかしいだろうレベルのものまで、自分でフォーマット考えて作ったのに、見ずに否定された。空気感としては「これっぽっちのこと、なんでこいつ出来ないんだろう」と言った感じだ。ひたすら考えさせられた。全部。先輩の考えはまず聞けない。聞いても、答えを求めすぎると言われる。転職して、前とは比べものにならないほど楽な仕事をしている。教員の仕事はクリエイティブな部分もあるけれど、今私がやっているのは事務だ。やることが決まっている。前職で指摘されまくってメールを送るのも文面印刷して5回は見直さないと不安で送れず、そう言う時に限って打ち間違いがあって、先輩に指摘され、萎縮し、些細なことを気にしすぎて空回りの悪循環が続いていたのに、今の職場は周りが雑すぎて、逆に気にしすぎるじぶんが悪いみたいだ。こんなことはどうでもいい愚痴で、言いたいことはただ一つ。あの上司たちに短い間だけれど育ててくれて本当に感謝していると言うこと。今まで腹を割って話してくれる年上が少なかたじぶんにとっては、耳が痛い言葉を言われることに慣れておらず、気にしすぎて早めにダウンし、方向転換したのかもしれない。でも全部がじぶんのためを思って腹を割って言ってくれたことだった。それがとても嬉しかった。もちろん傷つくこともあったけれど。今の仕事は十分にやれているのだから、不安に思う必要も、変に悩む必要もない。だけど、前職がそれだったぶん、今苦しみ悩むに値しない仕事だけをやっていると、前に進んでいない感覚と、ああ自分は自分の人生を生きていて、幸せになる権利があるのに、なんでこうも自分をいじめないと気が済まないんだって思う。今教員を目指す選択をしたことに悔いはない。だけれどいざその選択をすると同時に捨ててしまう貴重な「指導をいただける機会」を捨てた自分は、誇りに思うと同時に重要な決断を誤ったのではないかと迷いへ誘う。そして皮肉なことに、指導してくれる人がいない時点で、開放感がない時点で、どこか、学校的な、目の前の人に評価されるにはどうしたらいいかを無意識に考えていたことに気づく。ああ、とってもいい機会だ。自分を育てるのは自分だし、目の前の上司ではなくて、目の前の出来そうなことや課題点に焦点を当てることを忘れかけていた。
f:id:rpvke:20170216112003j:plain

不登校当事者が語る、今だから言える5つのこと

しんどい人へ 内省 成長日記

f:id:rpvke:20170130095051j:plain
思春期。時がたつほど徐々に分かってくる、青春の時期。ある子は勉強に勤しみ、ある子は初めて出来た恋人と楽しみ、またある子は部活に全力。「そんなキラキラしていない」と当時は思いつつも振り返ればやっぱりキラキラしている、そんな時期。私は思春期を不登校で過ごしました。先日その経験をとある方(不登校の息子さんをお持ちのお母さん)へ話す機会があり、他の不登校のお子さんがいる方へ少しでも参考になることがあればと思い、この記事を書こうと思いました。

私の場合

※ 個人特定を防ぐため、内容を一部変更しています。

当時の過ごし方

行かなくなった当初はよほどストレスがあったのか、1日中寝ていました。 落ち着いてからは夜中3時くらいまで起きて、お昼前に起きる、みたいな。本当は朝7時に1度起きていて、親に学校休むことを伝えていました。ご飯の時だけリビングへ行き、それ以外は自分の部屋にいる。おそらく何もしていなかったです。以前大好きだった歌手の音楽をひたすらループしている時はあったかも。夜11時には寝る準備が出来ていますが、明日が来ることへの恐ろしさから眠りたくない衝動にかられ、結局夜中3時に耐えられず就寝、、、みたいな感じでした。学校へ行く日は3時間目に合わせて通常1時間かかる通学路を遠回りしまくって2時間とかかかってました。どんな時も共通しているのは、不登校期間は心のエネルギーがゼロであることです。0から5になって、いつもより元気そうだからといって学校へ行けば、ー100ダメージ、だからしばらく学校へ行くことは厳しい、の連続だったように思います。出席日数もテストの点数も毎回ギリギリ。笑
 

現在何をしているか

普通に4年制大学を卒業し、現在普通に社会人をしています。というのも高校生で何もかも諦めていた矢先、親元を離れて2週間ほどひとり旅をしたことがきっかけで、受験するやる気が湧いて気がついたら不登校も無くなっていたんです。旅行の時は、朝起きて監視(のつもりはないのでしょうが、、)する母もいなければ、逆に何も言わずに何考えてるのか分からない父もいない。私を知っている人はいないから、どんなことをしても見られることはない。それで自分の興味が赴くままにいろんなところに行ってみたら、なんだかやる気が出てきたんですよね。そして受験勉強をしてなんとか大学入学することが出来ました。
 

当時の自分を振り返って思うこと

本当に時間を無駄にした

コミュニケーションにおいて、特に感じます。喧嘩することや恋愛することって、自分以外の人の考えとかを知る機会になってるけど、これをまるまる出来なかったんだよな。んで、大学になれることに1年以上かかったし、社会人になってからもちょっとしたコミュニケーションは苦手です。(だけどそれだと嫌なので、初対面となる場所へ行って何度も練習しました。今では初対面は得意です。笑)
 

私は頑固で真面目すぎた

不登校になる前、プライドが高く自己肯定感は他の人より「何が出来ているか」に支えられていました。当時の記憶はほとんどないのですが、先生から怒られたことを一つ一つ真に受けて「自分はクズだ」とか思ってたんです。アホ。それを正常だと思うがために、友達や親にも相談&愚痴ることはなく、体調を壊してからは「出来ることが全くない」と思いこみ、さらに「自分はクズだ」と思っちゃったんです。それでループ。他の元不登校だった人と話してみると、話し方から伝わってくる「頑固であること」「真面目であること」。長所もあるけれど、この2つの性格の悪いところは自分が行った行為によって相手にどれだけ迷惑がかかるか分からない自己中心的な考え方なんですよね。
 

あの頃の自分が、今の自分を作っている

どんな人もそうなんですけど、やっぱり不登校(私にとっての困難)になった「自分の短所」がちょくちょく出てくるんですよね。自分からは逃げられないから、その時その時で向き合うようにしています。と同時に良いこともありました。それはしんどい人の気持ちに寄り添えるようになったことです。みんな色々葛藤があって、今があるんだと思えるようになったからこそ、目の前に見えている状況だけで人を判断しないようになりました。


今だから言える5つのこと

[1]不登校の原因は必ずある

1つ目は自分の中に、2つ目は家庭の中に。どちらにも少なからず原因があります。
 

[2]不登校は甘えだとか、そういう以前の問題

もっと早く自分の中の変化に気づいてSOSを出していたら、良かったんです。だけど気がついたら、立ち上がれないところにいたんです。自分が甘えだと、悪いと分かっているんです。だけど、うまく回らないんです。どうか、どうか、(わざとであっても)突き放したりきつい言葉を投げかけるのみで終わる、ことはしないでください。
 

[3]子育てに責任を感じないで

子どもが学校に行かなくなった時の、親の絶望感不安感は計り知れません。小学校は6年、中学校は3年と決まっていますが、不登校は終わりが決まってませんから。だけど、育ててくれている方まで引きずられてしまっては、元も子もありません。子どもだって、そんなこと望んでないんです。親御さんには、いつも通りでいてほしいいんです。自分の好きなことのために時間を使って大丈夫です(現実逃避でも甘えでもないです)。親である前に、一人の人間なのです。自分の人生を生きてほしいです。
 

[4]腹を割って、向かい合って欲しかった

家族だからとか、態度でわかるでしょ、とか、そんなんで分かってたら不登校になっていません。欲しがり過ぎなのは分かっています。だけど、ちゃんと、言葉で、向き合って欲しかった。今だからこそ振り返って分かるんです。あの頃の自分は言語化出来ずに泣いてばかりだったけれど、「一定基準満たされないと、愛されないんだ」「私自身がいることを認めてほしい」「寂しい」「生きていてごめんなさい」「私は本当にだめな子です」等思っていました。あの時腫れ物扱いか、イライラの目線ではなく、叫んでもいいから、面と向かって話してくれたら。実際よりも不登校の期間は短かったのではないか、と思います。

[5]私自身を信じて欲しかった

「どんなあなたでも大丈夫。信じているよ。」と一言。海外ドラマのセリフみたいで少し恥ずかしいけれど、選ばないまっすぐな言葉。自分がお腹を痛めて生んだ子を信じないで、どうするの。大丈夫、私は今こうやって普通に生活しています。不登校であっても、一過性のもの。大人になれば笑い話にできます。
 
 

最後に

当時を振り返ってみて書いたもので、親の苦労を考えないわがままな子どもだったと思います。だけど、孤独で寂しくて、早くぬけだしたい一方、レールを外れてしまったことによる自分に対しての諦めもありました。私の場合、友人が私の気持ちを受け止め、向き合ってくれたからこそ立ち直れました。彼らには感謝をしきれません。時間が経てば分からなかった親の気持ちも「立場が違えば、そういう風に考えるよね」と受け入れることもできるようになりました。色々疲れると思うけれど、不登校の当事者も親御さんも、ちょっと気が楽になればと思って今回書いてみました。

【読んだ】人を動かす質問力

教員志望向け

読んだもの

生徒と接する時に、「もっとこうしたら、楽しくなるのに」「もっとこうしないと、高校卒業すら危ういのに」など思うことがあります。
その際に自分の意見を言うことは大切ですが、伝え方を工夫したいな、理想は生徒自ら自分の意思で動く選択
をしてほしいな
と思うことが多々ありました。私は理想の教師 = ファシリテーターと考えているので、伝え方ではなく、質問の本を読んでみました。

人を動かす質問力 (角川oneテーマ21 C 171)人を動かす質問力 (角川oneテーマ21 C 171)
谷原 誠

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-10
売り上げランキング : 1323

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
 
 

学んだことメモ

質問のシナリオを作る

持っていきたい方向に向くような、シチュエーションや質問を作る
 

いい上司は食べ物を与えず、食べ物を得る方法を与える

  1. 相手の意見を肯定する
  2. 相手の立場に立ち、どうすれば相手が望む結果が得られるかを考える
  3. 相手に答えを出させる

相手は子供ですが、自尊心があります。自分の意見を持っています。それを肯定する必要があります。そして相手は、自分の人生が実現するかどうかに関心があり、私の人生などには関係ありません。だから、相手の立場に立ってともに考える必要があります。さらに私が押し付けた押し付けた意見に従うことは苦痛のはずです。しかし、自分の意見には従うはずです。だから、自分で答えを出させるのです。

 
 
 

感想

出来ていること

  • オープンクエスチョン・クローズクエスチョンの使い分け
  • 生徒が悩みを抱えていたり、宿題を出す必要がある等アクションが必要だったりする時は、必ず質問で入る習慣
  • 生徒の話したことを自分も話す(同じ言葉を使う or 違う言葉で言い換える

 

試したいこと

生徒から話さない場合、「生徒がどんなことを考えているか聞きたい」一心で、目的を忘れて質問を投げかけすぎだったと思います。今度は仮説シナリオを作ってみてチャレンジしてみます。

落ちこぼれなんていない。

しんどい人へ 教員志望向け 忘備録

「奇跡の教室」という映画を見てきました。

"きっかけ"さえあれば、何にでもなれる。
kisekinokyoshitsu.jp

「あなたたちを信じているのは私だけ?みんななら、このテーマを語れるはず。」ー映画内のセリフ

 
落ちこぼれなんていない。落ちこぼれなのは、周りに信頼してくれる大人がいないから。教師は生徒たち自身を見て、"きっかけ"を沢山提示して生徒を導く贅沢なお仕事です。忘れずにいたい。「受け入れる」だけではなく同時に「譲れないこと」を持っておくことも大事です。

日本語タイトルが「奇跡の教室」お硬いし教師に響く内容であることは間違いない。笑 先生に恵まれなかった人や、「学校が息苦しい人」にこそ見て欲しい。
 
 

映画情報

映画HP

kisekinokyoshitsu.jp

こちらはコメント
kisekinokyoshitsu.jp

上映映画館について

飯田橋から徒歩1分の名画座「ギンレイホール」にて、2017/02/03(金)まで上映中!名画座、安く映画が見れるし落ち着く、、、♡
上映スケジュール | 飯田橋ギンレイホール

【やってみた】休日につくりおきを作ってみた

やってみた しんどい人へ つくりおき

やってみたこと

つくりおきを作ってみた

※ "やってみた" シリーズとは↓↓
rpvke.hatenablog.com
 
”さえりさん”という有名なライターさんがいます。
その方のツイートがこちら↓

学生時代、気が沈んでいると友人に話したら「最近生産してる?」と聞かれ「なんでもいいからいつものプラスαで生産しな。本を読んで感想を書く、料理を作る、外食したらレビューを書く。なんでもいいから生産しな。生産は心にいいぞ」としみじみ言われた。落ち込むとよく、何か生産を、と言い聞かせる

 
落ち込みが続く時、映画を見たり好きな食事をしたりしていましたが、全く落ち込みが改善されない時がありました。そしてある時このツイートを見て、"消費"するだけだったから落ち込みから抜けられなかったんだと気づきました。
そしてこの1ヶ月冷凍食品だけですがお弁当を作るようになり、休日「つくりおき」にチャレンジして"生産"してみようと思ったのです!!(後、冷凍食品に飽きてお昼が楽しみじゃなくたったから。笑)
f:id:rpvke:20170115103706j:plain
  

つくりおきとは

お弁当のおかずのつくりおきです。調理器具があれば、1品10分で出来るものもあります。ちなみに今回作ったのはこちらの1品。(家に、さつまいもとクリームチーズがあったからw)
cookien.com
 
 

つくりおきをオススメする人

  • 部屋にキッチンがある人
  • 食事、美味しいものが好きな人
  • 一人の時間が好きな人
  • 実家暮らしの人
    • すでに家にストックしてある材料を使えば、買い物の手間も省けますw

 
 

つくりおきの手順

まずは1品作ることにしましょう。しんどい人は、休日丸1日これだけに使ってみてはいかがでしょうか。

  1. 冷蔵庫をチェックし、つくりおきに利用出来そうな食材をさがす。
  2. Googleで「〇〇(食材) つくおき」で検索し、レシピを決める
  3. 足りない食材をスーパーに買いに行く
  4. 作って、写真をとる(自分で作った自覚をするためw)
  5. タッパーに詰める

 
 

つくりおきの感想

1品作るだけなのに、達成感〜〜!

普段料理しないからでしょうか。ただ寝ている時より、達成感というか、落ち込みがなくなる感覚がいっぱい。
 

つくりおきって以外に簡単!!!

休日にわざわざお弁当のおかずを作るって、料理をしない私からすると「大変そう、めんどくさそう、辛そう」と思っていたのですが。笑 今回のおかずは「切って、茹でて、つぶしながら混ぜる」だけだったので、私でも簡単に作ることができました、、、!
 

以前より、お昼が楽しみになった

冷凍食品はお弁当に詰めるだけなので手間がかからない分、味が決まっているし、食べても楽しくならないんですよね。家庭科の調理実習を思い出してみると、自分たちで作った料理は美味しく感じるし、なんだか幸せだったじゃないですか。きっとそれと同じなんです。
 
 

参考

さえりさんの記事

withonline.jp
 

つくりおきのレシピサイト

cookien.com
 

落ち込んでいるあなたに、"生産"のアイディア

rpvke.hatenablog.com
rpvke.hatenablog.com

【読んだ】教師におくる「指導」のいろいろ

教員志望向け

読んだもの

すでに教師をしている方が教えてくださった本。
ただ授業をしているのではなく、子どもたちの将来へのきっかけを作る志の高い先生でした。そんな先生と働きたい、、、。

教師におくる「指導」のいろいろ
教師におくる「指導」のいろいろ家本 芳郎

高文研 1986-10
売り上げランキング : 503021


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

学んだことメモ

子どもに共感する

子どもの行動は表面的に見れば道徳違反であるが、その行動をおこした心的要因がある。

子どもの受容

受容はまず、感情で受け入れること。例えば「学校に来るの、やだ」と言ったら「学校に行くの、嫌なのか」とか。これを繰り返し、子どもに信頼と親しみを感じさせることが受容の技術
全てを聞いたら指導の基盤ができ、自己決定へ導く。

子どもへ指示する

授業準備に「指示準備」は重要。例えば問いを投げかけた時は、答えが出てこない場合は何を言うか?その先まで考えておく。計画通りに行かないことが多いけれども。
集団での授業研究は教師としての力をつけるのにとても役立つ。

子どもを励ます

子どもが燃立つのは以下

  • 教師が率先して燃えて取り組み、やる気を示した時
  • 達成すべき目標がはっきりしている時
  • やった後の成果や、やった後に開ける新しい世界が見えてきたとき
  • 新しい未知の領域へ踏み込むとき
  • 自分で決めて活動の主体になったとき
  • 先生や友人に励まされ、褒められたとき
  • よきライバルを作り出したとき
  • 愛するものに認められたとき、褒められたとき

感想

指導技術が分かりやすかった

「励ます」「共感する」など、具体的なシチュエーションでの指導技術が書かれていて、とても分かりやすかったです。一つ一つ練習して、身につけたいと思いました。

文体がちょっと時代と合わないかも、、、。

ちょくちょく教師と子どもの関係が「上下関係」のように感じられる文章があって、私にとっては違和感でした。

キンコン西野のブログに禿同

考察

キンコン西野のブログに禿同しかない。


「お金じゃない」と言うと聞こえはいいですが、テメエはそれで良くても、その裏でスタッフやスタッフが養っている家族の首を絞めているわけですから、そんな残酷な台詞は口が割けても言えませんが、作り手の99%の人達がこの台詞を美徳とし、口にします。

「日本の魅力を再発見」がコンセプトの同誌では、日本各地の伝統工芸品などを紹介しているのですが、「問題はそこじゃねえよ!」とインタビューでは吠えました。
皆、とっくに素晴らしいモノを産み出しているのですが、99%の作り手が冒されている病は、「素晴らしいモノさえ作っていれば…」という芸術幻想からくる育児放棄に他なりません。

もう、そろそろ辞めませんか?
学校の先生も、ちょっとだけ勉強しようよ。
今は、そういう時代じゃないってば。
届けないと、届かない時代です。


大多数の子どもが学者にならない事実がある。なのに、いつまで学校と社会は離れたままなんだろう。
子どもたちは学校を卒業した後、基本的に働きます。
ちなみに平成28年(2016年)11月分 就業者数は6452万人(※参考1)。一方で平成27年3月31日現在の研究関係従業者数は、107万9300人(※参考2)。一概に比べられないにしても、就労者数と研究関係従事者数は100倍以上違います。なのに学校では就労時に必要なスキルを教えられず(と言うか、イベントで頑張って身につけてねスタンスなのかな)、自分のカードを理解せず高校大学を卒業してフリーターもありうる状況。キンコン西野さんみたいな、地道に努力し、考えることを怠らなかった人が教室に一回でも来たら、子どもたちの世界はがらっと変わるやろうな〜。