読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっきまうすの長めのつぶやき

This is what I am. This is what you are.

【忘備録】悩む悩むもんもんもん

友人や先輩に話を聞く。
頭の中がぐちゃぐちゃだ。
大事なのは「自分で人生を良くする覚悟があるかどうか」だと思うが。



教師になりたい、のは

  • 自己肯定感のある子どもを増やしたい
  • 自分で考える力をもった子どもが育つようにしたい

だからだった。

ただ、私自身は教えること自体が好きなわけじゃない。
先生の現状を見ていると(いい悪いとかいう話ではない)、
単元を教えることと事務処理で手一杯な感覚がある。
わがままな私が先生になったらきっと、「あ、これ違うな。やりたいことできてない」とか思いそうだった。


もともと先生になるつもりはなかった。でも教育に携わりたかった。
先生になりたくなかったのは、先生が嫌いだったから。
こんな大人になりたくない、象。笑
そのせいで、大学では1種免許を取得しないまま卒業してしまった。後悔。

でも結局「どうやりたいことを達成するか」は「beef or meat 」と同じでして。方法論の話でして。
とすると、今の自分だとNPOで関わっているような子たちと蜜に接して
あ、自分の未来もあるんだと思ってくれればいいわけで。
道がないと思っていても、あることをわかってもらいたくて。
一番辛いのは、悶々とした時期をずっと続けることだと思ってほしくて。
というかハッピーになってほしいだけなんだけど。

私が思っていることを思っている先生が大半だと思ってる。
けど、自分が教師になったとて体力的な問題があるため、先生になって上記のために活動するのはきついだろう。


そうするとスクールカウンセラーがいいのかもしれない。


わからんけど。


現職のエンジニアを続けたとて、
ギークだったら例えばプロダクトを作ることで達成できるかもしれない。
でも、完全に「違う」とわかった今方向転換しないといけない。

NPOで生徒と接するのは超超超つかれるけど、充実感ある。
物理的時間が足りなくて、もっと生徒と接するためのスキルがほしいと思っていてそのためのスキルを上げたいなあと思うこの頃。


今の会社に普通に勤めてこれ以上NPOにさくのはきつい。
そして仮に転職したとして、平日9~17時まで仕事をし、土日にNPOで生徒と接するのも子供と接する時間が足りないと思ってしまう。
とすると、思い切りスクールカウンセラーになるのっていいのかもしれない、と感じた3連休最終日でした。

追記

私の次のステップはこのどちらかだろうな

  • ご飯を食べるための仕事は割り切り、残業が少なめで自分の性格上続けられそうな仕事はをする
  • 先生の免許を取り、現場を見る

グオオおん