みっきまうすの長めのつぶやき

This is what I am. This is what you are.

ないものねだりの私に、先輩が放った言葉

ないものねだり
  
 
 
  
 
 
 
 
私の悪癖だ。小さい頃から自分が持っていないものに憧れた。頭脳・身体能力・音楽的センス。想像の中では、私はなんでもできる子。でも、現実は違った。時折この悪癖が顔を出す。自分で選択した道なのに、不満ばかりが募り疲れが溜まっていく。最近は愚痴のオンパレードだ。
  
 
 
  
 
 
 
 
「自分で選択した道なのに、楽しめないんですよね。幸せになれると思ったのに。」
 
 
  
 
 
  
 
 
 
 
ふとした時、付き合いの長い先輩に言ってみた。
先輩は、一瞬黙った。

  
 
 
 
 
 
 



そしてこう言った。
 
 
 
 


「今」は、君がこれまで一生懸命選択してきた結果だよ。
そりゃあ、若さ故の過ちもあっただろう。
全てが今の君に繋がっているんだ、まずは自分を誇りに思いなさい。


そしてこう続けた。




そしてだね、
"いつか幸せになれるはず" って考えは「今」を生きていない証拠だよ。
存在しない人生のことを考えている。
 
今が幸せでも、情けなくても、自分の人生だよ。
全部愛してやんなよ。
幸せになりたいなら、まず今の自分を受け容れるんだ。

 
 
 
  
 
 
 





先輩の言葉に、はっとした。
小さい頃からそうだった。小学校の頃は中学校を、中学校の頃は高校を見据えて、準備をしてきた。恋愛は将来役に立つかわからないから後回し。キャーキャー言っている同級生たちは、何が楽しいのかわからなかった。私は絶対幸せになるんだからと思いながら、その時はいつも幸せじゃなかった。
 
 
 
 
もうないものねだりはやめよう、と思った。



f:id:rpvke:20170606201031j:plain