読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっきまうすの長めのつぶやき

This is what I am. This is what you are.

【やってみた】遠くへ行くだけで、元気が出る話。

やってみたこと

遠く = インドへ旅行してみた!

偶然時間(5日ほど)取れたこともあり、
久々に海外旅行へ行きました!
目的地はインドのデリー。初めてのインドです!旅行会社のツアーを使って日本の成田から飛行機に乗り、インドに行ってきました。訪れたのはデリー(首都)・アグラ(タージマハール)・ジャイプル(ピンクの街)の3つです。


※ "やってみた" シリーズとは↓↓
rpvke.hatenablog.com

インド旅行をおすすめしたい人

  • 時間がある人
    • 最低5日あるのがベターです。週末を利用して韓国へ行くのもいいですが、バタバタしちゃうので。
  • 今の自分を切り替えたい人
    • あえて「自分を変えたい人」にはしませんでした。 自分を変えるのは自分自身であって、周囲はきっかけを与えてくれるだけです。そうじゃなくて、今までの生活習慣や思考をリセットしたい人には向いています。
  • 日常に嫌気がさしている人
    • 日常がつまらない・なんとなく嫌だ・うるさい,,,etc など、日常に嫌気がさしている人、海外旅行で強制的に環境を変えましょう。色々感じましょう。
  • [推奨] 冒険心が強い人
    • なくても旅行会社のオプションツアー等あるので問題ありませんが、"海外感"ってオプションツアー以外のところにある気がします。だから1日くらいは「自分らの力で観光するぞ!」くらいの気概がある人の方が楽しめるかと。

インド旅行のいいところ

自分が置かれている環境について、気づきがある

発展途上であり貧富の差が激しいインドに行くと、日本にいては気づかないことがあります。
例えば、

  • 日本のビルが綺麗なのって、普段メンテナンスしてくれる人のおかげなんだ
  • お金があって自分の住居が持てることって幸せ
  • お金を失いたくない。今のレベルの生活を維持したい
  • ルールを守ることの大切さ

などなど。
私の場合は旅行先としてインドは最高でしたが、自分が住むのは厳しいと思いました。と同時に今の日本を作ってくれた先人たちの技術力や人間性などなど尊敬しようと思いました。

日本にはない絶景

日本と違う国なので、当たり前っちゃ当たり前なのですが。見たことない絶景は自分にエネルギーを与えてくれます。私はジャイプルにあるアンベール城に行ったのですが、、、、
f:id:rpvke:20161007190259j:plain
山の上のお城ということもあり、そこからの景色はため息が出るほどでした。

インド人は優しい

道がわからない時は丁寧に教えてくれます。しかも一度教えただけじゃ足りない場合、また戻ってきてくれました!!

サリーが可愛い、、、♡

はっきりした顔立ちに原色のサリー。似合わないわけがない。カラフルで見ているだけでテンションが上がります。

インド旅行悪いところ

遠い、、、、、、、、、、、

日本からインドのデリーまでは、飛行機で8時間(9時間?)です。自宅から空港までの時間や飛行機の待ち時間も含めれば、余裕で12時間超えます。

クラクション。耳が砕けそうになった。

車線なんて意味を為さない。だから、「俺っち今からあんたの車を追い越すからね!?いいよね!?近づかないでね!!」との自己主張としてクラクションが多用されています。デリーは交通量が多いため、めーちゃくちゃうるさい。高級住宅街付近のホテルに止まっていましたが、それでのクラクションはやばかったです。

大気汚染。砂埃で目が痛くなった。

とあるサイトでは「中国以上の大気汚染」なんだとか。確かにデリーでは数十メートル先の景色はみえませんでした。ちなみにインド滞在中、鼻○そは黒かったです。日本では黒くないのに。こういうのが楽しいんですけれど。笑 おしゃれ好きな女性は、本当に、ツアーを使ったドアtoドアで旅行日程を組むことをお勧めします。

感想

悪いことも書きましたが、行ってよかったと本当に思います。日本から遠い = 日本にはない習慣や景色がある、ということで、凝り固まった脳みそが柔らかくなった気がしましたし、何より「明日から頑張ろう」と思えて元気が出ました。それはきっとインドという国が持ち合わせているエネルギーをもらえたからかな、と思っています。笑 また、会社で5年勤めたら2週間有給使って旅行する働き方をしたいな〜と働き方について思えることもありました。これも収穫。 今回は5日間のタイトスケジュールだったので、次回は2週間ほど行きたいです。