みっきまうすの長めのつぶやき

This is what I am. This is what you are.

インターネットを使った試験について

インターネットを使った試験、賛成?反対?

「丸暗記という考え方より、情報を咀嚼して通訳するような能力が必要です。私たちは生徒達に、ただ繰り返すだけの学習法ではなく知識を使ってほしいと考えています。

tabi-labo.com
venturebeat.com
 
 

インターネットの利用した上でのテストは、アリ。イノベーションが起きない限りはナシかな。

デンマークでインターネットを試験利用した際に、以下のような条件があったようだ。

  • インターネットを試験に利用する条件
    • 「正しい事実」を収集するためであること
    • 代わりに議論を行う内容であること
    • 翻訳機能の使用禁止

 
また、試験問題は検索してすぐ答えが書けるような単純な問題ではなく、複雑に生徒本人の興味や議論に発展しそうな内容とのこと。
インターネットでは、論文を見ることができたり、教科書で知り得ない「事実」もすぐに分かる。うっかり忘れても思い出せる。例えば、将来仕事で学校で習った知識が必要になったらどうやって事実を調べるか?2017年時点では、まずGoogle(もしかしたら未来は別の検索エンジンかもしれない)だろう。リアルな世界ではインターネットで調べることは禁止されていないのに(もちろんインターネットだけでは不十分な場合も多いが。)、どうして学校はダメなんだろうと疑問に思う。
  
 
一旦メリデメを整理してみよう。

  • インターネットを使った試験のメリット
    • 教師は、生徒本人の「事実(知識)」+「考える力」を問うことができる
    • 生徒は、カンニングしづらくなる(内容が似通っていては、カンニングだとバレるから)
    • リアルな世界での評価に、"知識をどれだけ持っているか"の点数評価よりは近づけるのでは。例えば、勉強ができると賢いの差が埋まり、"勉強頑張ってきたのに、、、仕事できないガーン"といった社会人を減らすことに繋がるのでは。例えば、覚えることは苦手でも考える力はある子の自己肯定感を不用意に削ぐことはなくなるんじゃないだろうか。

 

  • インターネットを使った試験のデメリット
    • 生徒にとって試験勉強しづらい => つまり勉強習慣の形成ややり抜く力を鍛える機会を損なうのでは?
    • 教師にとって、科目ごとに問題を作成することは難しい、、?(例えば、原価計算は)
    • 教師にとって、"何を◯とするか"の評価基準を作ることが難しい。これこそ答案をインターネット上に公開していろんな人にチェック受けないとじゃないか?
    • インターネットの記事を使って、すでにある意見や議論の単語を並び替えたり、別の言葉で言い換えて答案を作成できる(記事でももちろん、懸念点が記されている。)


生徒視点ではインターネットを使った試験は魅力的。だけど「魅力的だから導入しまーす!」というのは、デメリットに評価が絡んでいる時点で生徒たちに無責任すぎる。学校の点数評価システム以上に生徒の自己肯定感をなくすかもしれない。悲しいかな。イノベーションが起きない限り、現実はそうだろう。でも、、、
 
 

もしインターネットの試験を導入するなら、どう評価する?

記事には見当たらなかったけれど、試験範囲を学び始めた時との変化ではないだろうか。例えばこんな感じ。

  • ググり力
  • 文章構成力
  • 文章表現力
  • 論理的整合性
  • 表記された事実の正確さ

 
 
「できること」より「できるように試したこと変化したこと」を評価する教師でありたいなあ。そう思うとインターネットの試験がいい。

【やってみた】生徒へワークショップを開催してみた

社会人経験は毛が生える程度があるとはいえど、教師の経験はありません。そのため今大学で学んでいます。生徒たちから「受験を考えているけれど、何していいかわからない」「どの学部がいいの?」「塾行ってるけど、とりあえず不安」みたいな言葉をよく聞いていたので、ちょっとしたワークショップを開きました。
普通の全日制学校ではないことを念頭に置いて読んでいただけると幸いです。)

f:id:rpvke:20170406171952j:plain
 

概要

  • 目標:「考えて」「自分で決める」事で、主体性を学ぶ
  • 目的:志望校が一旦決まっている、合格の為に必要な科目が自分で理解できている
  • 対象:高校2年生
  • 前提条件:高校卒業後進学と決めている
  • 構成:全2回(1h ×2)

 
 

準備した資料

  • 受験勉強スタートのチェックリスト
  • 大学比較表を作成

(ページ下部に添付)
 
 

ワークショップ内容

1回目の流れ

事前宿題:少しでも気になった学校の資料請求を行う事

  1. 導入
  2. 「受験勉強スタートのチェックリスト」配り、何をしたらいいか分からない場合の目標設定と現在位置の確認を行うことを説明。
  3. チェックリストを使いながら、現在できていることにチェックを入れる
  4. 「受験勉強スタートのチェックリスト」STEP1-3を実施する(「大学比較表」と事前宿題を使ったワーク)
  5. 志望校を一旦設定する

 

ワークの流れ

大学比較表頭に、こんな感じで書きました。

・大学比較表の使い方
 1. 大学の資料やネット情報を使い、枠内に記入しよう
 2. 記入したら、赤い項目で自分にとって大切な準備番号をつけよう(番号を書く場所は、自分がわかればOK)
  大学名 => ネームバリュー
  学ぶ内容 => 興味があるコト、やりたいコト
  キャンパスの最寄り駅 => 立地
  学費 => お金
 3. 2の順番を見ながら、一番自分が行きたい、適している大学を選ぼう

 

2回目の流れ

事前宿題:無し

  1. 前回の振り返り
  2. 「受験勉強スタートのチェックリスト」のSTEP3を実施
  3. 塾と独学のメリット・デメリットを提示し、どちらで勉強するのかを決める(悔しいことですが、今のこの高校では受験指導をするリソースが皆無なのです。)

 
 

振り返り

よかった事

他の先生が個別でみていたというのもあり、効果はいまいち。。。。 ただ、普段の授業では自分で作業して考え、書く作業の機会はないため、いい機会にはなったと。
 

次回改善したい事

今回は個別というか、急遽話をした生徒と実施したので次回は全生徒に告知した上で実施したい。
そもそも将来社会へ出ることに対して悲観的な生徒も一部いるので、その子たちへのケアを事前に行なっていたい。
というか、きちんと授業もして、LHR等利用して生徒へ適切な取り組みをさせている教師ってスキル人格共にすごい、、、。
 
 

気になったこと

事実1

「〇〇してみたら?」と提案したことがらに対して「やってみる」と返答し様子としてはその気である。ただ、次学校に登校するまでに行動に移すこと殆どなかった。話を聞くと「だって〜だから」とめちゃくちゃ色々話してくる。「今から一緒に〇〇してみよっか」とすると、嫌がらなかった。
 

解釈1

嫌われている訳ではないし、拒否られている、ウザがられている訳ではなさそう。
時間的感覚が、この子は他の人よりゆっくりなんだなあと思った。また、自由すぎる校風が、逆に主体性がなくなってる?と疑問になった。大学入学後、卒業後に信頼できる友達が身近にいることは、他の子より大事かも。
 

事実2

このような会が欲しいと言っていた一人が、1回目欠席。
 

解釈2

本当の体調不良もあるけれど、決まった時間時刻に来ることが苦手なのかも(この数ヶ月で何度かその傾向があった)。この子もマイペースなんだろうなあ。内的動機で動くタイプかな。ここにいる子達には特に「引き出す」力が適しているなあと感じました。
 
 

参考

受験勉強スタートのチェックリスト

f:id:rpvke:20170406172730p:plain

大学比較表

f:id:rpvke:20170406172743p:plain
 
 
  
、、、引き出す力ってどういう分野なのかしら??

「ゲスの極み乙女」から感じる現代ぽさ

ゲスの極み乙女


この、よくわからないバンド名。
「世の中ゴト化」になるには、ちょっと変わった名前のバンド。
曲を出せば、オリコンチャート上位は当たり前で、大企業CMの曲に選定されたりと、
本当にキテるバンド。

多分、曲は知らなくても
メロディーは知ってる人は多いはず。

ただ、疑問なんです。
彼らバンドが「世の中ゴト」として受け入れられる事が。


私はよく聞きます。ゲスの曲。
ただ不思議に思ったので、歌詞の視点から売れる理由を考えてみました。

現代若者の心情を露わにする歌詞。

みんないつだって見られてんだって
何で誰も気付かないんだよ
監視されてんだ モグラごときに
最新機能付きだけどね
      ー「デジタルモグラ」

私以外私じゃないの
当たり前だけどね
だから報われない気持ちを整理して
生きていたいと思うのよ
      ー「私以外私じゃないの」

確かに以前から、ネガティブな歌詞であっても人気のある歌手は沢山いた。
テーマは、失恋に始まり、思春期の心情などなど。

でも、このバンドが表現しているものはそんな話ではない。
というか、恋愛なんかそもそも始まっていないし、始めようとするモチベーションがあるわけでもない。

スマートフォンの普及がきっかけで、何時でも何処でも、誰とでも繋がれるようになった。
なんて便利な世の中なのか。
でも、何かを享受する為には何かを犠牲にしなければならない。
それは目に見えない「本当の自分」を表現することではなかろうか。

負ける奴の共通点

youtu.be
自戒を込めて。
 

  1. 情報不足
  2. 慢心
  3. 思いこみ

 
47年間生きてきて、こう思ったと。
教師になる上で不安に思ったのは「ビジネスをせずに、生き抜くために大事なことを教えられるのか」ということ。林先生は周囲を観察して、負ける奴の共通点を導き出したわけですが、私はまだまだ。公務員になったらなおさらではないのか、と”染まること”に怖さを感じましたとさ。

つぶやき

通信大学で教職をとる上でもやっとしていたこと。それはきっと、一人で勉強し、レポートを書くことがあるんだよなあ。いろんな人と関わって仕事をしていくのに、仕事自体はめちゃキツいわけでもなく(今は。これから違うかもしれないけれど。)、免許を取って本当に教師と言えるのか。私の中ではNOなんだよなあ。笑

社会に出る学生は必ず知るべき、ホリエモンのスピーチ

書き起こしではなく、動画で見て欲しい。

釘付けになる。
youtu.be

これからは、権威が当たり前ではなく、あてにならない時代になってくると思います。今までは、レールの上を走って、権威、例えばマスメディアや上司が言うこと、それに従っていればよかったかもしれないです。しかし、皆さんは気づいてないかもしれませんが、そんな時代がとうに終わりに近づいています。それも全てが、インターネットが作り出した、グローバル化がもたらしたことです。

就職できて安泰だと思ったら、こりゃ大間違い。皆さんが一生勤め上げると思っている会社は、多分どっかでつぶれたり、どっかの会社に吸収合併されたり、すると思います。それを前提で生きてください。

これから、生きていく上で大事なことは、それは、僕は、目先のことに集中することだと思う。長期計画なんて関係ないですよ。まずはそれをやってください。それをやらない限り、何も始まらないです。そして、今僕が言ったことを一つの言葉にまとめて、最後にみなさんに贈る言葉にしたいと思います。
「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」

 
 

スピーチを聞いて思うこと

日本人の良さは活かしたい

人種や生まれた国に関係なく、知を持つものが富むだろう。これは確実。だけど、勝てればいいゲームにはさせたくない。レールを敷いて、その上を歩ける人種が勝ったもん勝ちのゲームを変えられると思っている。 規則やルールは何のためにあるのか。個人には悪いことだけかもしれないけれど、みんな一人で生きられないでしょう?みんなで生きるためには良いことだってある。日本人はその感覚がある。どうかなくならないで欲しい。
www.rpvke.club
 

セルフコントロールの大切さ

今後どんどん予想できない未来になって行く。全地球人の競争。それだけ聞くとめちゃくちゃ怖い。でも、未来を考えても未来は変わらない。だから今に情熱を注ぐ。この感覚を育てることは、個人を守るためにとても大切な基礎的スキルになるだろう。
 

教師の将来性

個人的に、30年後には教師自体が存在しないと考える。知識伝達を、教師が行う必要性が全く感じられない。そうではなく、しんどい子への心理的サポートや、社会に出るためのソーシャルスキル、議論の仕方など、学問よりもビジネスに寄ったファシリテーターといった立場になるだろう。総合的な学習などの特別活動の重要性は増し、評価基準や講義の基準も厳しくなるのでは、と考える。見方によれば、教師の仕事内容が変わるって感じですね。

【やってみた】規則正しくない生活、つらい。

規則正しくない生活をしてみた

f:id:rpvke:20170216112003j:plain
 
※ "やってみた" シリーズとは↓↓
rpvke.hatenablog.com
 
社会人しているのですが、教職の勉強のため今は2つの職場でパートタイムをしています。それらの勤務時間が"朝から"と"昼から"で異なるんです。今までは規則正しく朝7時に起きていたのですが、教職のレポートを提出しきったため、今週は昼からの時な朝遅くまで寝てみようと思ったのでした。結果、疲れが取れない。。 「朝早く起きて、夜は一定の時間に寝る」規則正しい生活の大切さを知った瞬間でした。
 
 

規則正しい生活は、誰にとっていいのか

  • 不登校の学生
    • 学校に行きたくないがために、夜更かししてしまう。昼夜逆転。そして朝ごはんを食べたら寝る。そんな学生にゼッッッッたい試して欲しいです!! 詳しくは、早起きするコツに書きます。
  • なんか人生だるいな〜と思ってる人。

 
 

規則正しい生活は、何がいいのか

起きた後のダルさがない

寝起きが悪いのて、超嫌じゃないですか。規則正しくなると、そのダルさが和らぐんです。
 

なんか得した気分

朝早く起きたので、仕事がないなら、ゲームするも、外に散歩するも自由。もうすぐ桜の季節。家近くの桜の木まで歩いてみましょ!!絶対幸せになる。
 

エネルギーが出てくる

上記2つによって、やる気が出てくる。うおおおおおお!っていう感じではなく。「よし、やるか」みたいなニュアンスが近い。
 
 

早起きするコツ

まず、このアプリをダウンロードすること

睡眠の深さを計測し、設定した時間の30分前から睡眠が浅くなったタイミングで起こしてくれる。ベルのなり方は、「急に大きく」ではなく「徐々に大きく」なのでイライラしません。

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム Lite

Sleep Meister - 睡眠サイクルアラーム Lite

  • Naoya Araki
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料
 

朝起きる時間をつぶやくこと

目覚ましセットする時に「明日7時に起きる」とつぶやきましょう。そして寝床につきます。意外に効果ありますよ
 

不登校の学生は「学校に行くことは考えないこと」

起きることも、学校まで行くことも、学校へ行って授業を受けることも、休み時間普通に友達と喋ることも、これら一気に全部しようとしたら疲弊します。だから、次の日学校へ行くことが怖くなるんです。だから、1つ1つに集中するんです。「一気にできるようになることは難しい。だから、まずは早起きすることを続けてみたい。続けられたら、次に学校へ行くことをチャレンジしたい。」と周りに話してみましょう。朝早く起きたからといって、必ず学校へ行かなければいいのなら、楽ではないでしょうか。

【やってみた】年度末で仕事に疲れてるならインド映画を見るべし

インド映画を見てみた

※ "やってみた" シリーズとは↓↓
rpvke.hatenablog.com
 
映画好きな人ならご存知。インドアカデミー賞16部門受賞している、超絶人気作品でございます。以下にも書いてますが、教員・教員志望者は見た方がいいです。 ちなみに再生時間は2 時間51 分と長めなので、諦めて通勤時間に見ることをお勧めします。笑
amzn.to
 
 

誰にとっていいのか

工学分野で疲弊している人

舞台はインドのICE工大というエリート大学。成功を目指し、競争社会を生き抜くべく教科書を頭に叩き込み、今日も極限のストレスと戦っています。そんな状況を面白く切り取っているのでオススメです。
 

教育に興味がある人

特に教員&教員志望。映画の大きなテーマの一つが「教育」なのです。登場人物それぞれの言葉に共感し、新たな気づきが得られるはずです。
 

しょーもない笑いが欲しい人

とりあえず30分見るべし。電車の中で見てましたが、周囲を気にせず笑ってしまい恥ずかしかった、、、!
 
 

何がいいのか

教員に気づきを与えてくれる

主人が手に鞭を持っていれば椅子に座る必要があるとサーカスのライオンは学ぶ。しかしそいつがよく教育されたライオンと呼ばれることはないだろう。よく調教されたライオンと呼ばれるはずだ。

最近教員がつらつらと板書をして説明し、課題を出し、テストを受験させることは教育なのかしら?と言語化できずに考えていました。そして映画で出てきたこの言葉にハッとしました。知識伝達に力を入れ、考えさせることを怠るのは教育ではなく調教だと気づけたからです。ランチョーの言葉は本質を得ています。
 

工学って実用的〜!と思える

映画に出てくる様々な課題を簡単な工学の知識で解決していくんです。小さい頃、少しでも理科教科に興味を持っていた人なら「知識が身近な課題にこんなに役立つんだ!」とワクワクするはず。工学ってもともとそういうものですよね。そんな初心を思い出させてくれます。
 

10分に1回は笑える

インド映画を見てない人は得にクスっとくるはず。笑
 

競争社会の中で本当に大事なことを思い出せる

登場人物の一人"ランチョー"の言葉に、次のような言葉があります。

大事なのは成績ではなく優秀さ。優秀であれば成功は後からついてくる。

才能が生かせる仕事をするんだ。もしプロの歌手の父親が子供にクリケット選手になるように説得していたら?もしプロのクリケット選手の父親が子供に歌手になるよう説得していたら?彼らはどうなっていたと思う?僕が言っていることが分かるか?動物が好きなのになぜ機械と結婚するんだ。

将来を心配していたら生きていけない。勉強に集中できない。

競争社会で生きるには、学校では「どの学校に入るか」「テストでいい成績をとるか」が大切。そして社会に出れば「誰より出世できるような成果を出すか」を大切にします。学校も社会も同じことで「誰かにとっての100点」を取ることに皆必死なのです。でもそれは心配から起こる行動であり、自分の情熱に従っていない。だからストレスだし、自分の力を存分に出せない。ランチョーは誰よりも工学を愛し、工学を学び続け、使い続けて現実に起こる様々な問題を解決していきます。そして映画を通して言われていることはこの言葉。
 

All is well!!!!(きっと、うまくいく)